YELLOH!プロジェクトは東日本大震災直後の
2011年3月に始動。
震災からの再生を目指し、市民生活、
地場産業企業活動をサポートしてきました。

東日本大震災後、地域のために、自らの使命で何が出来るかを考え、
始動した「YELLOH!プロジェクト」。
地域の皆様にエールを送りたい、そして元気になってもらいたいという気持ちを込めて
「YELL(エール)+OH(オー)!」の造語、「YELLOH!(イエロー)」と命名しました。

  • Lorem
  • Ipsum
  • Dolor

Project

YELLOH! 仙台版

YELLOH! 仙台版
第1弾/2011年4月28日発行

震災生活応援情報、震災時や災害時に役立つ情報を掲載し、ささやかなお役立ち情報メディアとして企画。震災直後の状況下ではありましたが、たくさんの企業様にご参画いただきました。
誌面PDFはこちら

ふるさと応援! ごっつぉ市場

ふるさと応援! ごっつぉ市場
第2弾/2011年6月開催

被災地をはじめ東北各市町村を応援するため、ふるさとの名産、名品、海、山、大地の恵みを一堂に集めた物産展を企画実施。

YELLOH! 東京版

YELLOH! 東京版
第3弾/2011年7月29日発行

東北の「今」を伝え、東北全域に対するいわれなき“風評被害”を払拭し、最大のマーケットである東京の皆様に、東北に足を運んでもらいたい、そんな想いを込めたメディアとして企画。
誌面PDFはこちら

YELLOH! FREEWAY navi

YELLOH! FREEWAY navi版
第4弾/2011年9月15日発行

東北の活性と復興を祈念し、高速無料化に伴う東北域内の流動ニーズに合わせたメディアとして企画。他に類を見ない圧倒的な発行部数・配布チャネルにより、マーケット活性を図ります。
誌面PDFはこちら

YELLOH! 89ERS復活応援版

YELLOH! 89ERS復活応援版
第4弾/2011年10月15日発行

「SENDAI 89ERS」を復興のシンボルとし、仙台が一丸となって地域復興の熱い流れに乗り、地場の販売促進・PR活動を活発化させていきたい、そんな想いを込めたメディア企画。
誌面PDFはこちら

YELLOH! FREEWAY navi

YELLOH! FREEWAY navi 年末年始版
第6弾/2011年2011年12月15日発行

前号同様の高速無料化に伴う東北域内の流動ニーズに加え、年末年始商戦に狙いを定めたYELLOH! FREE WAY naviの年末年始版。本号よりAB判冊子スタイルへ変更。
誌面PDFはこちら

YELLOH!東北

YELLOH! 東北[2012.Spring]
第7弾/2012年3月8日発行

「SENDAI 89ERS」を復興のシンボルとし、仙台が一丸となって地域復興の熱い流れに乗り、地場の販売促進・PR活動を活発化させていきたい、そんな想いを込めたメディア企画。
誌面PDFはこちら

YELLOH!東北

YELLOH! 東北 第8弾[2012.Summer&Autumn]/2012年6月28日&10月11日発行

[Summer]東北6大祭・夏休みお盆休み・帰省、高速道土日乗り放題プラン、東北観光博開催など、夏祭りと共に復興の狼煙をあげる元気な東北を発信。[Autumn]東北の自然豊かな景観が織りなすダイナミックな紅葉、昔から地元の方々が愛してやまない地元食材をたっぷり使った名物料理を紹介。

Fringe[フリンジ]

Fringe[フリンジ]2016.2月号/2016年2月5日創刊号発行〜

2016年2月「YELLOH!プロジェクト」第9弾として、仙台・宮城の子育応援情報誌“Fringe[フリンジ]”を発行。2016年、新たな気持ちで力強く歩き始めた仙台・宮城に紙面を通じてYELLを贈ってまいります。
最新号(2016年8月26日発行)誌面PDFはこちら

これからも東北の再生と発展のためにサポートし続けます。

震災より5年目の節目となる本年、東北は復興から、更なる未来形・発展形として、地方創生へと脱皮・昇華の過程にあるといえます。この東北の今を伝えていくこと、同時に東北の皆さんへ余暇利用の癒しを届けることが役割であり使命と考えております。
今後もYELLOH!プロジェクトを継続、東北の活性と復興を目指してまいります。

Product & Links

  • Fringe[フリンジ]

    2016年2月「YELLOH!プロジェクト」第9弾として、仙台・宮城の子育応援情報誌“Fringe[フリンジ]”を発行。2016年、新たな気持ちで力強く歩き始めた仙台・宮城に紙面を通じてYELLを贈ってまいります。

  • Biz Life Style[ビズスタ仙台]

    ”一歩先を行く手の届く贅沢”をテーマに、本物志向のビジネスマンに向けて、ハイクオリティなライフスタイル情報をお届けするBiz Life Style(ビズスタ)。読者にとって価値ある製品・サービスを、ビズスタならではの深堀りした編集記事で紹介。企業と読者を繋ぎます。

  • 旅モニ

    旅マルシェがおくる旅のおためしサイト「旅モニ」。毎週さまざまな旅行モニターを募集中!旅に行きたくなる"きっかけ"をあなたに。

  • NIKI Hills Village

    北海道余市・仁木地区は、豊かな自然の恵みを受け、ワイン用ブドウの生産で日本一を誇っています。このアドバンテージを活かし、日本のナパバレーとも言えるワイナリー集積地帯を作りあげていく「余市・仁木地区余市川ワインバレー構想」で、「地方創生」をはかっていきます。NIKI Hills Villageは、その一翼を担っていくべく「北の楽園と呼べるワイナリー」を建設しています。

  • 株式会社デイリー・インフォメーション東北支社

    観光産業に関わるすべてのお客様の課題を解決すべく、研究・開発を日々行っています。急速に変化を続ける観光ニーズやライフスタイル、観光に関わるすべてが目まぐるしい動きを見せる昨今、これまでの経験に加え更に新しい発想と実現させる行動力が不可欠となります。エリア担当制による地域活性化事業の強化やインバウンド事業の確立など、わたしたちの強みをさらに活かし、国内問わず世界に向けて日本の素晴らしさを発信し、日本活性化を目指しています。

  • DACグループ

    8社の広告会社と、3社の農業法人、1社の一般社団法人、全12社で編成されているDACグループは、2012年10月1日をもちまして創業50周年を迎えることができました。東京を本部に、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡、那須、余市郡仁木町、そしてハワイへと支社展開を果たし、グループ総売上100億円も突破。

株式会社デイリー・インフォメーション東北支社

〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-9-27 プライムスクエア広瀬通14F TEL.022-716-1711